激動期を乗り切るITの役割

2008年12月24日付 日本経済新聞広告より

●本日の日経新聞の広告に激動の時代を勝ち抜く経営戦略と題して、これからのITの流れが掲載されていました。企業経営は、百年に一度ともいわれる激動期に直面し、この難局を乗り切り持続的な成長を維持しつづけるには、ITの果たす役割は極めて大きいことが述べられ最新のトレンドが紹介されている。主な中身は、@クラウドコンピューティングAエンタープライズ・リスク・マネジメント(ERM)統合基幹業務システム(ERP)パッケージの活用Bビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)CモバイルコンピューティングD情報セキュリティーなどが揚げられている。とりわけ中小零細企業にも今後@とB及びDは、活用すべきトレンドではないだろうか?

クラウドコンピューティングとは?インターネットを中心にとしたネットワークをイメージしている。ネットワークの向こう側にあるデータセンターに集約されたコンピュータ資源を、必要に応じて利用する。ユーザーは、コンピュータ資源の調達や運用に関する手間とコストから開放され、ネット経由で必要な機能を利用できる。大きく、1:業務アプリケーション、2:認証や課金システム、開発環境などの共通基盤、3:インフラのサービスからなるプラットフォームを提供する。業務アプリのSaaS(サース)や共通基盤PaaS(パース)インフラのHaaS(ハース)とも呼ばれている。

BPOとは?企業が全業務を自社で行おうとすると高コスト体質になり、スピードも失い、競争力を喪失する。そのため、差別化の源泉であるコア業務にフォーカスし、それ以外の業務は外部委託(アウトソーシング)の必要が出てくる。その為の役割を果たすのが、外部の専門的知識や高度なノウハウを活用するBPOである。対象は総務・経理・人事業務における非コア業務を中心に幅広い業務へと広がっている。上場企業のうち約40%が利用されており、今後中小企業でも利用が増えると予想される。今後競争力強化の為のBPOに注目したい。

今後も中小企業に役立つITに関する情報を提供します。